就職・転職に有利

今の時代、パソコンを全く使わない仕事の方が少ないですよね。

定番の事務はもちろん、電話でのオペーレーターや営業職まで基本的な情報管理は
その殆どをパソコンが担っています。管理職や経理などを担当すれば尚の事、効率的で便利なパソコンは必需品です。では、そのパソコンで主に何をするのか?

一言で言えばデータの入力と管理です。そんな世の中で仕事を探した時に強い武器となるのがこの「ワープロ検定」なのです。考えてみてください。自分が1名の求人の募集を出した時に、独学のみでパソコンが使えると言う人と、履歴書に「ワープロ検定1級」と書かれた人とがいたら……?

私なら迷わず「ワープロ検定1級」を取得している方を選びます。(あくまで検定の有無だけで判断の場合ですが)

「ワープロ検定」を取得しているというだけで、相手には確実に最低限の文字入力・ビジネス文章作成が出来ることが伝わります。それだけではありません。

そこに「1級」とつくことで「この人はある程度の速度で入力が出来る」とか「この人は少し表や図が入ったビジネス文章も作れる」という細部まで伝わります。

即戦力になる人材

相手が求めるのは1から教える人材より、少しでも即戦力になる人材なので、1級取得者=かなりの実力者……と、思われることも少なくありません。

入社直後からでも信頼して仕事を任せる事のできる人と判断されればたくさんの応募者がいたとしても、かなり有利になるのは目に見えていますよね。

また、自分がどこまでパソコンを使えるのか……これも言葉では中々伝えにくい時があります。

面接時に聞かれて、本当は1級を取得できる位の実力があるのに、上手く伝えられなかったせいで 全く使えない人と同じ扱いになるのは悔しいものです。

そんな時に「ワープロ検定1級」があれば 面接での第一印象も良くなり、実力の説明だって検定の内容を思い出せば的確に伝える事が出来るのです。

アルバイト、人材派遣に関する情報は、IT系のアルバイト人材派遣会社を賢く利用する方法派遣社員マニュアルなどがお勧めです。