私生活での応用

私は「ワープロ検定」という、その名前から仕事でしか活かせない検定…そう思っていました。

しかし、1級合格の練習を始めてから少しずつ変わった事と思うがあったのです。

それは総合的に言うと、「私生活でもワープロ検定が活きている」という事でした。

例えば、友達とのEメール。ついつい長文になってしまうようなメールでも気づくと以前より早く打てるようになっていた。

ちょっとした変換で「これ、どっちだっけ?」と思うような漢字も文章の流れから迷わなくなった。

パソコンを使った手紙も以前より自分のイメージ通りに、まるで手書きのように思うまま綺麗な文字で作れた。

インターネットのチャットでも一人だけ遅れをとる事もなくなっていました。

毎日書いているブログだって長文が楽しくなったせいか、以前より色々な内容が書けるようになったんです。

ビジネス文章などという言葉だけを聞くと、つい堅苦しいものを想像してしまいがちですが日常生活の中でもこんなに活かせるんだ、と気づいた時は本当に嬉しかったです。

入力速度だって確かに速ければ速い分、余った時間で違うサイトを見たり、いつもより少しだけ長い文章が書けたりするんです。

数ある資格の中で、ここまで日常生活でも仕事でも活かせる・実力に繋がる資格は本当に少ないように思いました。