自分のミスの割合・特徴

ただ入力しても極端な話、半分がミスだったら合格にはなりませんよね。正確に・早く入力しなければならないのですから。

そこで、自分のミスの特徴や割合を今度は調べてみましょう。これは練習毎に行う方が効果的でいいかも知れません。

まず、自分の速度判定や練習を行ってみて下さい。そして、入力し終わった後で自分が入力した文章を丁寧にチェックしていくのです。

自分の癖を知る

そして、大体でいいので何割くらいのミスがあるのか・自分はどんな文字の時にミスをしやすいのかを自分の目で確かめます。

面倒臭い地道な作業ですが、自分のミスを知る事は、自分のミスを克服・軽減させる大事な一歩なのです。

どうしても面倒臭い! という方はフリーソフトとして出ているタイピングソフトで割合などが分かるものを利用してもいいと思います。

このミスが多い場合は速度よりも、まずは初心に帰って、丁寧に1文字1文字を入力する事から始めなければなりません。

大体、1ミスにつき5字減点として、10分間で750文字以上打てるのなら問題はありません。

出来るだけミスに気をつけつつ、これからも速度を高めていって下さい。