文章作成に挑戦する

こればっかりは市販の問題集や公式サイトで見れるサンプル問題を見るしかありません。

実際に出る問題を見て、自分がどこまで出来るのかを確かめるのです。
速度と同じように問題を用意して、タイマーをセットします。時間は20分間。

最初はひたすら入力です。焦らず、きちんと丁寧に入力して下さい。

わからない部分は飛ばす(重要)

次に文章の編集です。分からないところがあったら、とりあえず飛ばし、分かるところや簡単なところから作成します。

分からない1箇所でつまずいて、他の分かるところを出来ないのでは80点以上の合格は難しくなってしまうからです。

だったら、分からない1箇所は放っておいて、分かるところからどんどん埋めて80点以上を目指す……これがベストなのです。

文字を大きくしたり、太くしたり、線を引いたり、そんな簡単な作業からで構いません。
そして時間がきたら手を止め、分からなかった部分や間違った部分を自分で採点します。

採点箇所などは問題集だと詳しく解説してあるので、こればかりは問題集を頼るしかないかも知れません。

分からなかったところ、間違えてしまったところは操作方法をしっかり学び、次に活かしていきましょう。

こちらは慣れしかないので、大体よく出る操作などはきちんと覚えておく必要があります。