ワープロ検定試験1級への道見出し

ワープロ検定を通して感じたこと

当サイトでは、私がワープロ検定1級を受験・合格して感じたことを、簡単にまとめたいと思います。

まず、改めて調べてみると、ワープロ検定1級というのは案外奥が深く、活用方法も単なるビジネス上のものだけでなく、人によって様々な使い方・応用方法があるのだと分かりました。

検定自体を応用することはもちろんなのですが、検定で学んだことを活かし、さらにスキルアップしたり、違う側面を応用したり、色々な方法で活用できます。必要な文字数・内容・技術なども改めて勉強してみると、なんだかまるで違うもののように感じたりもしました。

ワープロ検定は級が低ければ低いほど、その価値は下がってしまいます。

ですから、せっかくお金を出して受験されるのであれば是非1級まで、頑張って合格して頂きたいと思います。 このワープロ検定は1級といっても、漢字検定や英語検定などのように、特別難しいという事はありません

なのに、今のこのパソコン社会ではとても重宝されるのです。これ程お得な検定を取得しないのはもったいない話だと思います。

そして、ワープロ検定を通し、他の色々な資格に触れてみて下さい。ワープロ検定と一緒に持っているというだけで様々な相乗効果があるものは、とても多いです。これを機に、何か違う近くに挑戦してみるのもいいかも知れません。

(論文やレポートの書き方を覚えて、さらにワープロのスキルが向上すれば、ご自身の生産性がぐっと高まります。学校の課題や仕事の資料作成などにも役に立ちます。参考:論文・レポートの書き方|骨組みから作ろう

自分自身のスキルを高めていくことに終わりはありませんし、損になることもないはずです。私はワープロ検定1級の他にいくつかの検定を取得しましたが、一番最初に取得したのはワープロ検定でした。

そして、そこから資格というものの魅力を知り、他の資格に興味をもち、学び、取得していったのです。ワープロ検定1級という試験を通し、合格する喜び、学ぶことの楽しさ、資格がもつ魅力を知って頂けたらと思います。是非、頑張って試験にトライ&資格取得してみて下さいね。

 

ワープロ検定で広がる仕事の幅

ワープロ検定を取得すると、オフィス系の仕事につきやすくなります。オフィス系の短期バイトや派遣社員はもちろん、医療事務や歯科助手などの医療系のカルテ作成などにも役に立ちます。興味のある方は、以下のサイトをご覧ください。いずれも、結婚、出産後なども活躍できる、昔から人気のある資格です。

※資格試験対策で講座や参考書、ソフトウェアを購入される方、特に高い講座を受講される方は、クレジットカードおすすめランキングで還元率を高いクレジットカードを利用しましょう。

歯科助手の仕事内容・・・こちらも歯科助手経験者による仕事内容の説明と体験談です。
宅建試験の戦略ノート・・・宅建試験一発合格者による宅建の学習方法、体験談。
図書館司書の資格取得体験記・・・図書館司書になるための4年間の体験記。
校正の仕事と資格・・・校正資格取得者による仕事の説明と資格取得体験記。

外出先でも使えるスケジュール管理ソフトで仕事や資格勉強の作業効率をあげましょう。